黒谷【3168】株価。銅リサイクルに注目!

2021年7月17日

黒谷(3168)は銅リサイクル大手。ここのところ景気回復や電線、EV需要などにより銅価格が高騰しており、リサイクルを手がける黒谷にも追い風になりそう。
株価はコロナ前後の300~500円から二倍ほど上昇した1,121円(2021/4/30終値)。出来高上昇のピークは4/14の900円ほどであり、時価総額161億円であることも考えれば、投機的な大幅上昇も可能性がある。
直近は4月の決算を受けて値を上げているものの、どこまで上昇するかは市場の注目次第ではあります。注目される要素としては、単純に株価上昇が続く場合と、銅先物価格が高騰を続ける場合を想定します。

ポイント:次回7月決算に向けて900円より高い水準で株価が高止まりしつつ、銅価格がさらなる上昇を続けていた場合には期待できるか。

黒谷(3168)の株価 TradingView.domより
銅価格TradingViewより

銅価格の今後を左右する要因は?

元々、景気の先行指標とも呼ばれる銅価格。コロナ後の景気回復期待による価格上昇に加え、脱炭素のテーマである電気自動車(EV)風力発電などでも銅を多く使用するため、今後も需要が膨らむ可能性がある
また、チリ鉱山でのストライキによる供給懸念なども価格上昇要因と見られる。
一方で先物買い残も増加しているため、目先の調整には注意が必要だ。