ホクト【1379】株価。きのこなら任せろ!高配当、利回り3%!安定企業!

2021年7月17日

何はともあれチャートから

ホクト(1379)月足チャート TradingViewより

配当はずっと60円(株価2,000円なら利回り3%)

ホクト(1379)は2016年から年間配当60円が続いています。その前もほぼ同じ。

結論:高配当、安定企業……かも?

2021年5月14日発表の決算では2022年減益予想を出しましたが、それでも2020年からは売上微増、利益も増加傾向にあります。

上の株価チャートの底値圏であった2013年から利益も黒字ながら横ばいでしたが、コロナショック後に少し成長が見られます。期待できそう!

というのも、コロナで免疫機能を向上させる食品に注目が集まり、その中でホクト(1379)が得意とするきのこも取り沙汰されたようなのです。

きのこ産業は、一般的な農作物のようにキャベツひと玉300円から80円くらいに毎年価格変動したりしにくい業界です。きのこは工場で作っていますからね。固定費が変わるとすれば電気代くらいだと思います。

むしろ工場の機械化によって人件費は減らせるかもしれません。工場でレタスなどを生産する事業が話題にもなりましたが、きのこはもともとサステナブルな食品と言えるでしょう。

きのこは健康に良い

先ほども述べましたが、きのこは工場で生産していることもあり、一年を通して安定して消費者の家庭に供給できます。スーパーなどへ行かれる人はずっと同じ場所にホクトのエリンギやブナシメジが陳列されている様子を見たことがあると思います。

きのこの栄養はオンリーワンなところがあります。食物繊維だけでなく、お酒好きが重宝するオルニチンも豊富

コロナで思わぬ注目を受けたきのこですが、美味しければ習慣的に食べようと考えるユーザーも増えるかもしれませんね。

きのこのオルニチン含有量は、なんとシジミの5~7倍!

頑張れホクト、目指すは日本一!

グローバルな視野で挑戦。日本唯一の「きのこ総合企業」

空売り残高に注意!

 個別株はどうしても、機関投資家の空売りの標的にされた場合、長い間株価の低迷が続く傾向が見られます。
 その仕組みは複雑で、極めて不透明なため原因や因果関係をはっきりと述べることはできませんが、注意が必要でしょう。
 私の場合、空売り残高は以下のリンクで確認しています。
 しばらくは様子を見た方が安心かもしれません。