バリューコマース【2491】株価、アフィリエイト企業にもいろいろあるという話

2021年7月17日

最近ネットで必ず見かけるようになったアフィリエイトブログ。もちろん上場企業もあります。

では投資対象としての魅力はどうなのでしょうか。本記事はそのあたりについてのお話です。

結論

  • バリューコマースはアフィリエイト以外の事業が伸びている
  • 売上、利益ともに順調に増えている
  • 株価は長期移動平均線は上向きながら、これ以上の上昇は相場次第かも?

ブログのアフィリエイト事業は頭打ち?

リンク先 バリューコマースIRライブラリー

バリューコマース(2491)の2021年12月期決算説明資料を読むとセグメント別の業績が載っています。

これを読むとアフィリエイト事業は数年の間、売上に大きな変化は無いようです。安定していると言えばそうなのですが、インターネット系サービス業の株価は期待感からPERなどの指標では割高※になりがちなため、成長鈍化すると株価に悪影響が出やすい傾向があります。(※バリューコマースの場合2021年予想PER35倍くらい)

これだとちょっと投資先としては考え物です。しかし……

バリューコマースはアフィリエイトだけじゃない!

バリューコマースの場合はブログ向けのアフィリエイト事業の他に収益の柱を持っています。STORE’s R∞(ストアーズ・アールエイト)やストアマッチがそれにあたります。

これら事業はブログ向け広告ではなく、Yahoo!ショッピングのようなオンラインモール(ECサイト?)向け広告で、

・アフィリエイトブログはブログの口コミなどから購入を誘う広告
・オンラインモール広告はネットショッピングしている人が目にする広告

という違いがあるようです。

リンク先 バリューコマース公式サイト サービス紹介ページ

以下リンク先バリューコマース公式サイト「ストアマッチ」紹介ページ

このストアマッチというサービスの売上が伸びていることが、決算説明資料から読み取れます。なんと3年で4倍くらいに増えているから驚きです。

バリューコマースの収益はこれらにより、アフィリエイト事業とオンラインモール広告が半々くらいの割合になっているようです。

これからの時代、各社アフィリエイト事業の伸びには苦戦するかもしれません。私自身、乱発するアフィリエイトブログの、どれも同じような文言の口コミ風の誘導には飽き飽きしており、ユーザー全体の信頼を失ってきつつあるジャンルのような印象を持っています。(このブログはどうなんだ、という話にもなりますが……)

そのため、好調なオンラインモール広告事業を持っているバリューコマースなら投資先として期待感も持つことができると言ってよさそうですね。

他のアフィリエイト企業はどうなの?

ここで他社との業績を比較してみましょう。わかりやすいようにグラフにしてみました。

売上と利益が順調に増えていて良さそうですね
ファンコミュニケーションズもアフィリエイトは安定気味ですが、それ以外の事業として持っているwebメディア、アプリ向け広告が苦戦しているようです。
ちょっと安定感が無いです……2021年も12月予想は下向きです……

株価チャートも見てみましょう

バリューコマース(2491)週足チャート TradingViewより

右肩上がりの業績から比べると、株価の動きはどうも素直じゃない印象です。インターネット系企業はこんなものなのでしょうか……。

2020年コロナショックからの復活は巣ごもり消費への期待からインターネット事業はどこも買われていた流れに乗っているものです。

2021年3月の急伸は目標株価の引き上げに反応しています。

『東海東京証券では投資判断「アウトパフォーム」継続で、目標株価を4180円から4380円に引き上げ。』以下リンク先:株探より

同年5月にも目標株価の引き上げがありましたが、そこまで株価は上がっていない様子。

バリューコマースの目標株価は、コロナ後の株価上昇(と、おそらくオンラインモール広告事業の再評価)から4,000円の水準を上回る勢いなのですが、どうも株価が付いてきません。

直近の株価が低迷しつつある理由はおそらくこれ↓

連結子会社の特別損失を計上したことによる減益なのだそうです。実は上に挙げたグラフに一株利益が載せてありますが、2020年は132円でも、この特別損失にかかって2021年は92円ほどに下がる予想になっています。

この連結子会社は宿泊予約システムを提供しているため、もしかしてコロナの影響なのでしょうか(よくわかりませんでした……)

売上は順調に伸びている

上記の特別損失から調整局面入りしたバリューコマースの株価ですが、目先は下げ止まっている気配もあります。

目標株価は相変わらず高いままですし、この局面での決算(7月28日予定)には個人的に期待したい気持ちです。

インターネット系の企業の株価は期待感から大きく上昇し、好決算発表後の材料出尽くし売り、という流れも多く見られます。今年のバリューコマースの場合は4月に悪材料?が出て調整してからの7月決算発表となるので、逆に株価が上がってくれると嬉しいです……。

この記事がよかったら是非シェアしてください! 以下のボタンから簡単にツイートできます! 他にも何か変なところなどあればコメントその他の方法(リプなど)で教えてくれると嬉しいです!