丸井グループ【8252】株価。デパートのようでデパートじゃないちょっとデパートな会社!

2021年7月17日

※5月の記事に追記しました

売上の6割が金融!

三越伊勢丹(3099)や、高島屋(8233)は、売上の8割が百貨店です。

それに比べて丸井グループ(8252)は金融(フィンテック)が6割

さらにネット通販との協力体制を強化して、新しい時代のビジネスモデルを目指しています!

株価の方も、もし有名ネット通販と提携するなどのニュースが出たら、材料視されて大きく上がる可能性もありますね。実際、下記ニュースに反応して当日の株価は少し上がりました。

『丸井グループは2026年3月期までに、話題のネット通販企業などを誘致して「売らないテナント」を売り場面積の1割から3割に増やします。』下記リンク日経新聞より

結論:アフターコロナ生き残り有力候補

百貨店業界はネット通販の台頭などコロナ前から苦戦を強いられてきました。
そんな中で丸井グループ(8252)は、収益源は百貨店だけではありません。
同社は2000年代から金融(今で言うフィンテック)に力を入れてきました。
さらにデジタル・ネイティブ・ストアなど、
旧態依然の小売業とは全く異なる次の時代を見据えた企業経営を続けています。
決算の内容を見ても、コロナによる悪影響は限定的。なぜならエポスカードなど、外出自粛にとらわれない収益源を持っているから。
繰り返しになりますが、そもそもネット通販などに苦戦を強いられてきた百貨店ですが、丸井グループなら他のビジネスモデルの恩恵による生き残り、さらなる成長も期待できるでしょう。
コロナ後の新しい生活様式に上手く噛み合えば、丸井グループのひとり勝ちの可能性も……?

株価は同業の巻き添えで低迷するが、見直しの動きも

↓そんな丸井グループのエポスカードはこちら※年会費無料、入会特典で2,000分のポイントプレゼント(2021年5月)