ラクス【3923】高成長株に空売りで立ち向かった投資家の末路。株価高値圏で失速したはずの株価が不死鳥みたいに蘇って急上昇したパターン

空売りして大火傷しました!

ラクス(3923)は高PERのクラウド事業。コロナ後のリモートワークでIT関連事業が注目を浴び、かねてからテーマのひとつであったクラウド化にも思惑が。

コロナショックからPERは高いほど買われる相場が続いたように感じます。なぜそうなるかというと、そうなるからだ、としか言えない雰囲気。

だいぶ高値から下がってきたし、割高株のブームも終わりだろボケが!
空売りするしかねえな

という願望によって2月に2,000円くらいで空売りした人がいました。私です。

そのときのチャートがこちら↓

いかにも下がりそうだと思いませんか? 空売りで儲ける方法、なんて本でもこういうパターンは売り時だと書いてあったはずなのですが……。逆に誰がここから上がると思うのか聞きたいです

徐々に狂っていく歯車

空売りした直後はたしかに含み益だったんです。

ところがラクスは3月11日にマザーズから東証一部へ市場変更すると、当時発表しました。そのとき私が何を考えていたのかと言えば

東証一部に鞍替えしてTOPIXの構成銘柄になるから「買い」? ふっふっふっベテラン投資家の私は知っているんだ、そんなのは罠。嵌め込みっていうんだぞ養分どもめ。ここは余裕の空売り。私の勝ちだ。

市場変更の発表翌日は株価が上がっていますが、たしかに翌々日には再び下がっています(ここが最期の逃げ場でした)

飛翔する株価が精神を破壊する日々

何これ……3月の東証一部上場で出尽くし下げしてくれ……助けて……!

東証一部上場の日に向けて上昇する株価。日々消えていく含み益。

空売りポジションが焼かれていく毎日が、どのようにメンタルを壊していくのか、是非みなさんにも一度は体験してみてもらいたいです。

投資家は冷静さを失ったら終わりです。正常な判断ができていれば、まだ空売りした建値で決済していたはず。

なぜなら東証一部に昇格した銘柄の株価は上がりやすいのが普通だからです。逆に下がってしまうケースももちろんあるわけですが、空売りに限って言えば当初のシナリオが崩れたら(この場合昇格発表後に下げ止まったところ)即座に決済してポジション解消してしまうのが鉄則です。

でも仕方無いですね。頭がどうかしてたんですこのときは。

運命の日、その後

(2,200円くらいのときに損切りしました)

実は買いのチャンスだった?

振り返ってみても2月の時点での空売りの判断は、そこまで間違いではなかった気がします。

問題はやはり損切り(利確)のタイミングを誤ったところです。

ところで、空売りで損失を出したということは、結果論かもしれませんが買いで利益を出すチャンスだったのでしょうか?

損切りした銘柄はムカつくので監視リストから外してます。その後に株価が上昇していることには気が付きませんでした。

一般論として、大きなシグナル(トレンド)を否定して反転する場合、その後の値動きが大きくなる可能性があります

もしラクス(3923)の今回の上昇について、買いの適切なタイミングがあったとすれば、というものを考えたので、以下のチャートをご覧ください。テクニカル分析を結構含みます。

一つ目

↑一つ目は2月の下値に届かず反転上昇したタイミング。5月に株価が大きく下げていますが、決算発表の翌日に上昇後、2,000円以上の水準を保ったところが期待感を持てそうです。(6月に入る頃に調整してますが……)

二つ目

次はなんと言っても4月の高値を更新した6月21日、22日です。

まだ2,400円に届いていない6月15日のあたり、月次売上高が好調なニュースが出ていて、その割に株価は強くないんですよね。だからすぐには買いにくいんですが。

『ラクス<3923>は続伸している。14日の取引終了後に発表した5月度の月次売上高で、全社売上高が前年同月比34.8%増と大幅な増収が続いたことが好材料視されているようだ。』下記リンク先:株探より

スイングトレードで利幅を狙う投資家は、ファンダメンタルズで良いニュースが出ても、すぐには参戦しません。実際の値動きに現れるのを待ってから買いに入るのです。

大きな値動きを掴むことができれば、少し様子を見てからでも充分間に合うということですね。まさに今回のラクスの動きは彼らにとって理想的と言えるでしょう。(というより同じような投資家たちが集まった結果の上昇だと思いますが……)

一番上に挙げたチャートと見比べてみれば、随分と雰囲気が変わったことがわかるはずです。少なくとも2,000円以下になる予感はしません。

健闘を祈る

いかがでしたか? 他人の失敗団が聞けて気持ちよかった人もいるかと思います。よかったですね。明日のあなたです。