【おすすめ書籍】『FX戦士くるみちゃん』かわいい女の子が為替市場でメンタルを×××にされる話

FXで勝つ方法!みたいな本ばかり読んでいると勝てそうな気持ちになってきますが、本は責任を取ってくれません。自分でFXを始めると自分のお金が、そして精神が溶かされていくのが現実です。

そんな魔境を見事に漫画化してくれるのが『FX戦士くるみちゃん』です。

Amazonリンク↓

かわいい表紙ですね。では中身をご覧ください↓

下でメンタル崩壊してるのが主人公です(深夜3時)。ちなみに上でキレてるのが岐阜某氏の擬人化(嘘です)

キラキラした二次元アイドルソングを聴きながら漫画の女の子が苦しむ様子を眺めているとギャップで気持ちよくなってきますね!

登場人物が一般人の感性じゃない

普通の人は大事件が起こるのを期待して過ごしたりなんてしませんよね。だいたい忘れていたり、やっぱり平和が一番です。

でもトレーダーの人たち、特にFXの世界にいる人たちは感覚が違います。『FX戦士くるみちゃん』の登場人物は主に大学生ですが、頭の中は相場のことでいっぱいの、人間を辞めた連中ばかりなので見ていて動物園に来た気分になれます。

見た目は萌え系のかわいい女の子たちがナチュラルに暴言を吐く世界。たぶん彼女たちは自分が普通の感性じゃなくなっていることに気付いていないのでは?

なにか相場を動かす大事件でも起きないかなぁ……

これ、Twitterとかでもトレーダーの人たち、結構言ってます。あまりにリアルなセリフ。

大きなポジションを持つ心理が生々しすぎる(見ていてこっちまで苦しくなる)

私もFXでレバレッジをかけて夜を持ち越すと眠れなくて困ります。寝ている間に相場が動いて含み損になったり、逆に爆益が出ているのに朝には戻って幻に終わったり、気にし始めるときりが無く、本当に苦しいです。

人によっては日中の値動きが気になって、仕事に集中できなくなるまでのめり込んでしまう場合もあるようなので、FXはほどほどに!

この間せいぜい1分程度の出来事。

FXでレバレッジを高めると、一瞬の値動きで資産の数%が消えたり増えたりします。

漫画特有の誇張ではなく、本当に↑のような顔になります。本当です。というかまだマシな顔してますね?

一番好きなセリフをピックアップ

私が1巻で一番好きなセリフがこちら。

「え? …っと これは…」

これは、違うんですよ。本当なら上がるはずなんです。豪ドル円には94円に鉄板の壁があるはずで、そこへ向かって下がっていくことなんてありえない。もし94円を下回るようなことがあったら私しんじゃうのに、どうしてこうなるんですか。さっきまで明らかに上がる雰囲気だったじゃないですか。それがいきなり20pips近く落ちるなんて、つまり、これは、おかしいんです。ありえないんです。なんで私が買ったら下がるんですか。お願いだから誰か止めてくれませんか……。こんなのおかしいって絶対……!

海外FXは絶対にやっちゃダメ!

真面目な話をします。作中は時代背景も異なりますし、フィクションなので海外FX業者で取引していますが、現実では絶対にやらない方がいいです。

そもそも海外業者は認可されていない業者がほとんど。詳しい話は、また別記事で投稿すると思いますのでよろしくお願いします。

検索すると海外FXの安全性についてまとめた記事がたくさん見つかりますが、ほぼ全てステマですので信じてはいけません……。

『FX戦士くるみちゃん』は、やってはいけない失敗例の宝庫で、FXで道を踏み外すとどんなひどい目に遭うのか反面教師として役に立つ教科書にもなります。

初心者やFXに興味のある人はもちろん、いま苦しんでいるFX戦士たちにもオススメしたい良書ですね。

主人公のくるみが手を付けてはいけないお金を入金して、桁違いの値動きに発狂しかけるシーンとか、語りたいことは山ほどあるのですが、是非みなさんも読んで確かめてみてほしいです!